爆毛根通販|高濃度ミノキシジル育毛剤ローション

爆毛根ローション(Bakumokon)は、発毛の最先端技術リポスフィアテクノロジーを採用して開発された効果的な育毛ローション!

爆毛根ローションは、高濃度ミノキシジルに加え、新たに男性型脱毛治療薬として、2015年9月に承認された「デュタステリド」や「オキシトシン」を配合。

高い育毛効果が期待できる究極の育毛剤「爆毛根ローション」が今なら返金保証付き!


オオサカ堂販売ページはこちら
個人輸入ならオオサカ堂


爆毛根ローション(Bakumokon)の効果的な理由

爆毛根ローション(Bakumokon)は、発毛効果の向上に有用な最先端技術であるリポスフィアテクノロジーを採用して開発された、局所塗布用のプレミアム高濃度ミノキシジル製剤。

リアップX5プラス®と同濃度である「ミノキシジル5%」、日本国内未発売の「ミノキシジル7%」の2種類から選ぶ事が可能。

また、ミノキシジル配合の育毛商品は、痒みや炎症を引き起こすことがありますが、爆毛根は開発に際して多数の被験者が参加する多くの臨床試験を経ることにより、これら副作用を最小限に抑えるように作られているので安心です。

ミノキシジルに加えてデュタステリドも配合されているのが、爆毛根の大きな特徴。

デュタステリドは、2015年9月に経口の男性型脱毛症(AGA)治療薬が承認されたばかりの新しい有効成分なので、経皮からの優れた吸収性が確認されていて、ミノキシジルとは異なる作用機序で男性型脱毛症(AGA)を改善するというわけです。

■ミノキシジルが効く理由

毛包に直接作用することにより、毛包組織の血流を改善します。ヘアサイクル(毛周期)における休止期と成長期へ働きかけることで、ヘアサイクル(毛周期)を適正に整え、発毛と育毛、および脱毛の進行を予防する有効成分です。


■デュタステリドが効く理由

テストステロンからDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素である5α還元酵素の働きを抑えます。男性型脱毛症(AGA)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)濃度を低下させる有効成分です。

類似成分のフィナステリド(プロペシア)と比較してデュタステリドは、5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害するため、優位性があると考えられています。

爆毛根は、東京大学の研究が話題となっているストレスケア成分・オキシトシンを配合するなど、今までの育毛剤にはない特徴を数多く有しています。リポスフィアテクノロジーの採用もその1つです。

爆毛根は、1箱あたり12本(1本5ml)入りと小分けになっているため、旅行などの携帯に便利な上、液剤の空気接触を抑えて、いつでも清潔な状態でお使いいただけます。加えて、爆毛根の容器は、酸化を防ぐためにエアレス構造なのが特徴です。

ミノキシジルとデュタステリドによる2つのアプローチで、今までにない育毛体験を是非、爆毛根で実感してください!


オオサカ堂販売ページはこちら
個人輸入ならオオサカ堂